Skip to menu

RESEARCH AND DEVELOPMENT

R&D Center

  • 연구소소개
    • 1층
    • 2층
    • 3층
  • 연구분야
  • 핵심기술
    • Allograft Tissue
    • Silicone Polymer
    • Medical Device
    • Bio Technology
  • 특허현황

HomeR&D Center核心技術Silicone Polymer

核心技術 Allograft Tissue

Silicone Polymer

1. 医療用のシリコン(Medical Silicone Polymer)材料
現在、国内で長期間人体に移植する用途の医療用シリコン材料を製造する業社は存在しないのであり、大部分の製品は収入、販売の形態で市場に流通しています。ハンスバイオメド㈱は高純度の臓器移植用等級のシリコン原材料を使用し、使用者の後加工を最小化するために、多様な規格及びデザインを揃えており、選択の幅を広げるように多様な特性の製品を量産する技術を確保しています。
2. Cohesive Gel 人工乳房 (Breast Implant)の製造技術
乳房再建と乳房拡大のためのシリコン乳房補型物は、乳房癌による乳房切開手術を受けた女性の乳房再建及び審美的な満足感のための美容整形に使われている保形物です。食塩水の人工乳房は保形物が破裂しても人体内へ吸収され安全なため、シリコン人工乳房の販売停止(FDA moratorium)後に広く使われたが、FDAの Cohesive Gel silicone 人工乳房の最終承認後、食塩水人工乳房の需要が急激に減り、この部分を Cohesive Gel silicone 人工乳房が占めるようになることで Cohesive Gel silicone 工乳房の市場規模がますます拡がっています。国内市場の場合、2006年アメリカ FDAの販売許可の後、2007年台湾と韓国でシリコン人工乳房の使用承認を許可することで、国内では KFDA 許可を受けた Mentor社と Allergen社の製品のみが市販されています。ハンスバイオメド㈱は国内唯一のシリコンゲル人工乳房製造技術を保有しています。2008年CE認証をアジアで最初に貰い、ヨーロッパから人工乳房製造技術力の認証を受けており、現在は国内臨床試験を進行していて、臨床承認後、国内市販の許可が決まれば全量輸入される人工乳房製品を収入代替效果と共に国内使用者たちに優秀な品質と価格、安定的な製品供給をもたらす效果を見られると予想されます。
3. シリコンブロック(Block)の開発 & シリコン彫刻技術
シリコンブロックは、多様な顔面整形用シリコン保形物を製造するための中間段階の半製品として開発され、外科医が直接患者の輪郭に合わせて彫刻(Carving)して患者に移植する。ハンスバイオメド㈱で開発されたシリコンブロックは、多様な硬度及び色相を帯びているが、使用目的によって柔らかい(soft, 硬度 10)、やや柔らかい(Medium, 硬度 20)、硬い(hard 硬度 30)になるようにしており、骨の色相を有する White 及び smog、膚色のトンを帯びるFreshに色相が区別される。また、大きさも大型及び小型に区別され、移植部位及び移植面積など使用目的に合わせて選択するように開発された。シリコンブロックを利用した多様なシリコン移植物を製造するために、シリコンブロックを適切に彫刻するようになるが、外科医の細心な彫刻技術が要求されるので、患者に適する形象に作ることがよほど難しい。そのために、当社では顧客の要求に合うデザインと規格に作るために 1customer 1design 概念を取り入れ、注文を受ける時に要求するデザイン及び規格を受け付けて製造を代行するサービスを開発した。シリコン彫刻技術が導入される製品は、顔面整形用シリコン移植物に全て適用され、Forehead implant、Nasal implant(dorsal、columella、dorsal columella combi)、Temple implant、chin implant、malar implant(standard、anatomical)、nostril retainer がこれに該当する。 シリコン彫刻技術は既存のハンド型彫刻技術とは確実に違う。人体の屈曲ラインに整合性を付与するために特殊な先端装備を利用するようになるが、ハンド型彫刻技術と比べる時、精巧性、規格安全性、表面性(皮膚質感)が優れている。
4.顔面整形用シリコン保形物のデザイン開発技術
顔面整形物シリコン保形物は多様な患者の解剖学的な構造により多様なデザインが要求され、ハンスバイオメド㈱は標準型の規格を開発して外科医が使用する時、若干の手入れを通じて患者の解剖学的な特性に易しく形象化される技術を保有しています。特に、射出モールドを開発し、正確な規格を維持させて大量生産体制を駆逐することで、より低価格と早い供給が円滑に行われる技術を保有しています。
5.多重硬度を有するシリコン鼻整形用移植物(Nasal implant)の製造開発技術
ハンスバイオメド㈱は1着の金型を持ち、2つ以上の他硬度を有する nasal implantを生産する製造技術を開発しました。 このような技術でシリコンゴムの自己粘着性の強度と粘着表面積を高め、手術者及び患者の満足感を高めて収入製品より效果のすぐれた製品を開発しました。また、シリコンゴムの自己粘着性の強度だけでなく、穿孔を付与することでお互いに違う硬度を有しているシリコンゴムの間に結合力をもっと高めた技術も共に保有し、射出以後の収縮率の差により発生することができる形態の変成を最小化する技術によって市場を先導しています。
6. シリコンゲルシートの製造技術
1982年シリコンゲルを利用して作った創傷被覆材が肥厚性瘢痕、ケロイドに全て效果的だという事実が初めて明かされながら現在はその效果と安全性が立証され、多くの国で肥厚性瘢痕とケロイドを予防、管理するのにシリコンゲルシートを普遍的に使用しています。現在、韓国ではシリコンゲルシート形態の創傷被覆材として Smith&Nephew社の Cica-Careという製品が収入∙流通されており、国産製品としては当社で開発した Scar Clinicと Scar Clinic-Thinが唯一です。Scar Clinicと Scar Clinic Thinはそれぞれ2006年と2009年に(株)一同製薬と国内独占販売の契約を締結して販売されており、市場で製品の技術力を認められた状態です。