Skip to menu

RESEARCH AND DEVELOPMENT

R&D Center

  • 연구소소개
    • 1층
    • 2층
    • 3층
  • 연구분야
  • 핵심기술
    • Allograft Tissue
    • Silicone Polymer
    • Medical Device
    • Bio Technology
  • 특허현황

HomeR&D Center核心技術Medical Device

核心技術 Medical Device

medical_device

1. 顔面挙上及びしわ整形のための医療用糸(MINT LIFT)の製造技術
般的に顔面老化が進行されるにつれ、皮膚組職ではコラーゲン(collagen)纎維の形成不足により、しわ生成及び組職弾性力の低下のような一連の生化学的な変化が進行されます。外貌に対する関心が徐々に高まり、最近にはこれに対する治療法に童顔整形と呼ばれる顔面挙上術(facelift)及び、老化防止のためのしわ整形術(wrinkle treatment)に対する関心が増加しています。過去には主に高齢層の人口を中心にした浸湿的な顔面挙上術(例:SMAS facelift)が主な手術方式でしたが、この方式の場合、組職の大規模の切開及び傷跡を残す限界のため、現在はほとんど手術されず、最近には年齢に構わずにボトクスやフィラーを利用した非浸湿的な整形手術や、特殊な医療用糸、あるいは生吸収性高分子固定装置と非浸湿的な材料を融合して使用する最小浸湿的なリフト施術が抗老化整形市場の主であります。MINT LIFT は顔面の軟部組職に挿入され、組職の支持力を回復して皮膚の再生を促進させ、顔面の軟部組職を強化させる機能を有する医療機器として、生体内で吸収される生吸収性高分子で構成されており、一般的に外科手術に使われる手術用の縫合糸と類似した大きさ及び物理的な特性を持っているが、縫合糸の表面にマイクロ単位の非常に小さな微細突起(Cog/Barb)を有している特徴があります。このような微細突起は医療用の糸が皮下軟部組職に挿入される場合、挿入方向の反対方向に固定力を認可し、動きに従って周りの組職に機械生物学的な刺激を誘発して、コラーゲン再形成を助け、皮膚組職の再生を促進する機能を持っています。既存に同一な效果のために使われたカッティング糸及びむすび糸に比べ、MINT LIFT は新しい製造方式で作られ、高い物理的な強度及び固定力を有し、現在 MINT LIFTは商標登録されており、製造方式と係わって2件の国内特許が登録され、その技術力を認められています。また、国際市場の進出のために国際 PCT特許を出願中にあります。MINT LIFT 国内市販の許容のために臨床試験の進行を推進中にあり、今後2~3年以内に国内市販が許容されることと予想しています。
2. 毛髪移植製造技術
現代人の脱毛は老化と遺伝的な要素以外にも各種環境汚染、業務のストレス、食生活の変化によるホルモン分泌に異常など後天的要因の影響が増加しています。それによって国内脱毛人口の増加で脱毛市場は急膨張していて、脱毛関連産業が成長期に入りました。脱毛市場は脱毛管理製品、機器、管理室及び医療施術に細分化され、関連新製品が続々と開発されています。シャンプーのような化粧品市場の規模が一番大きいですが、最近医療外品が続々と登場していて自家毛髪移植市場も拡大されている趨勢です。ハンスバイオメド(株)はこんな毛髪移植市場で使用者の便利と施術を受ける人の美容的な側面を配慮した新しい毛髪移植機と移植針である LION HT/HN の開発に成功しました。既存の毛髪移植機にはなかったクリップを付けて施術時間を短縮して移植針を手軽くて早く交代できるように作りました。移植針または既存の移植針では探せない特殊製作方式で精密に製作され、頭皮、毛囊侵襲の最小化はもちろん毛囊の生存率及び安着率を増大しました。また滅菌、二重 Blister包装で感染の恐れもない衛生的に使えされます。ハンスバイオメド(株)は多様な市場変化に気づいて美容産業から脱毛関連市場の合流を模索するためいに専門的な知識と体系的な管理で差別的な施術と顧客志向的なマーケッティングとサービスなどを通して市場を広げております。