Skip to menu

RESEARCH AND DEVELOPMENT

R&D Center

  • 연구소소개
    • 1층
    • 2층
    • 3층
  • 연구분야
  • 핵심기술
    • Allograft Tissue
    • Silicone Polymer
    • Medical Device
    • Bio Technology
  • 특허현황

HomeR&D Center核心技術Bio Technology

核心技術 Bio Technology

Bio Technology

1. Growth factor (成長因子):細胞分化及び成長に関与するタンパク質
タンパク質(protein)は生物の身を構成する高分子の遺棄物質である。タンパク質は生体内の構成成分、細胞の中の各種化学反応の触媒の役割(酵素)、細胞増殖を誘導する成長因子、抗体を形成して免疫を担当するなど様々な形態で重要な役割を遂行する。このようなタンパク質の中で、ハンスバイオメド(株)で関心を持って開発しようとするタンパク質は成長因子である。成長因子は細胞調節物質として、多様な細胞の増殖及び分裂を誘導し、ECM(細胞外基質; コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、GAG)の生成を促進して細胞を復旧し、細胞週期の正常化に寄与する物質である。このように成長因子は正常細胞の周期に必須なため、動物の生命に重大な要素となり、何よりも組職の維持及び補修に重大な役割をする。特に、bFGF成長因子は体内にある繊維芽細胞に效果を現わす成長因子の一つで、最適の体の状態を維持するのに必須的な要素であり、fibroblasts、myoblasts、osteoblasts、neuronal cells、endothelial cells、keratinocytes、chondrocytes、and many other cell typesの成長を促進する。それに、ハンスバイオメド(株)は世界的に独歩的な成長因子に関連した技術を揃えるため、人体成長因子と同じく有效成分の収容力が極大化された成長因子の開発、高い純度及び安全性を保障できる大量生産の技術、皮膚損傷なしに皮膚の深くまで成長因子を浸透できるナノ伝達システムなどに最善の努力を傾けている。
2. DDS(Drug delivery system):薬物伝達システム
薬物伝達システムとは、医薬品の副作用を最小化して效能及び效果を極大化させ、必要な量の薬物をTargetに效率的に伝達できるように剤形を設計することを言います。ハンスバイオメド㈱では、骨粗鬆症患者の骨折に適用する骨粗鬆症薬物を食餌攝取ではなく、骨充填材に複合して、食餌攝取の際に発生する副作用を最小化し、直接的に骨部位に骨粗鬆症の薬物を適用してその治療に必要な最小限の量の薬物を使用し、骨折試料の際に骨粗鬆症の治療も同時にできるように、薬物伝達システムを開発しています。
3. sol-gel工程を応用したナノ多孔性構造体
sol-gel工程は(Sol-gel process)、名前が意味することのようにコロイド浮遊状態(sol)を作り、このsol-gel 化過程を通じて液体状の網状組職(ゲル:gel)に変化させ、網状組職を作る過程を言います。ハンスバイオメド㈱はsol-gel工程を応用して骨の主要成分であるハイドロックシアパタイトをsol状態に作り、骨粗鬆症薬物と複合化した後、gel化した燐酸カルシウムマイクロスピオを製造しました。開発された燐酸カルシウムマイクロスピオは、骨粗鬆症薬物以外の多様な薬物、成長因子、ミネラルなどを複合化できるという長所があり、骨粗鬆症薬物を担持して骨折と骨粗鬆症を同時に治療が可能な骨充填材を開発しています。