Skip to menu

RESEARCH AND DEVELOPMENT

R&D Center

  • 연구소소개
    • 1층
    • 2층
    • 3층
  • 연구분야
  • 핵심기술
    • Allograft Tissue
    • Silicone Polymer
    • Medical Device
    • Bio Technology
  • 특허현황

HomeR&D Center核心技術Allograft Tissue

核心技術 Allograft Tissue

骨移植製品

1.人体の骨で同種無機質、コラーゲン及びゼラチンなど物質の分離精製技術
人体の骨は、主に無機質及び有機質に構成されています。ハンスバイオメド㈱は、人体の骨から奪回骨(DBM)のみでなく、他の有效成分を分離及び精製する技術も確保しました。
- 人体の骨由来の無機質分離精製技術 人体の骨の約65%が無機質で構成されており、主成分は燐酸カルシウムである。有機質成分である奪回骨(DBM)の加工時、人体の骨の無機質も同時に抽出するようになると、寄贈者が良い意味で寄贈した大事な骨組織を最大限に活用できるだけではなく、安全性及び生体適合性が共に優秀な骨の無機質を得ることができる。市販されている燐酸カルシウム製品の短所である成分の単一性に比べ、このような技術で分離精製した人体の骨由来の天然無機質には燐酸カルシウムのみではなく Na、Mg、Fe、K など微量元素も入っているため、人体内に移植した時、一層良い骨再生促進効果をもたらすことができる。
- コラーゲン及びゼラチンの分離精製技術 : 人体の骨の約35%がコラーゲン成分で構成されている。ハンスバイオメド㈱は酸処理、投石及び加水分解などの工法で人体の骨から生体適合性の高いコラーゲン及びゼラチンを分離精製する技術を開発した。このようなコラーゲン及びゼラチン成分は新製品開発の際、製品の主成分や添加剤として活用することができる。
2.西方形(slow release)薬物担持燐酸カルシウムのマイクロスフェア製造技術
本技術はsol-gel工程で無毒性燐酸カルシウムマイクロスフェア製造した後、イオン結合で多様な薬物を燐酸カルシウムに担持すると、担持された薬物が燐酸カルシウム粒子から徐々に放出され、一回の移植で長期間治療效果を得られる技術である。特に骨粗鬆症のような疾患の場合、まともに治療するために長期間に亘り、薬物を投与しなければならないという短所を本技術で解決できる。骨粗鬆症治療剤が担持された燐酸カルシウムマイクロシフェアと骨充填材、この二つの有效成分を適当なキャリアで複合化させ、製造された複合充填材は骨粗鬆症による骨折部位を效率的に治療することができる。のみならず、50才以上の骨粗鬆症患者や骨密度の低い患者が歯科インプラント手術の時、本技術で弱くなった歯ぐきを再建した後、インプラント受ければ手術の成功率を遥かに高めることができる。
3. 生分解性∙多孔性支持体の製造技術
人体の海綿骨は、優秀な多孔性構造を持っているため、良い骨移植材として使われている。しかし、人体の骨から採取することができる海綿骨の量が非常に少ないので使用に限界がある。このような問題点を解決するためにハンスバイオメド㈱では、人体の骨来由の無機質や合成燐酸カルシウムを原材料として使用し、人体海綿骨と類似した多孔性構造を持った多孔性支持体の製造技術を開発した。このような技術により、優秀な多孔性構造及び生体適合性を持った多孔性支持体を大量で生産することができる。
4.生体材料の安全性を確保するための virus 不活性化の技術
外傷、腫瘍、奇形、あるいは生理学的な現象などにより骨組織が損傷された場合、骨の欠損部の回復のための一番普遍的な方法は、他部位の自分の骨を一部採取して移植する自家移植方法(autograft)、他人の骨を化学処理して移植する同種移植方法(allograft)、動物の骨を化学処理して移植する異種移植方法(xenograft)などがある。しかし、一般医薬品とは違い、骨移植材はその生物学的な特性により内因性、または外来性汚染物質の生理的な活性とウイルスのような感染性病院因子による原料汚染の可能性のため、安全性に関する論難がずいぶん以前から続いた。移植材の有效性を維持しながらウイルスによる感染性を最小化させるために、ハンスバイオメド㈱では生体材料のウイルス不活性化技術を開発した。ハンスバイオメドは厳格な選別基準によって選別作業を終えた、ウイルスのない生体材料のみを製品加工に使用するが、万が一の場合に備えるためのウイルス不活性化技術を製品加工の工程に使用すると、原材料にウイルスが混入されていても、最終製品にはウイルスが完全に不活性化された安全な製品を製造することができる。

皮膚移植製品

1.3次元細胞培養技術
2次元に培養された細胞の反応は、3次元に構成された実際生物体の反応と差が大きい。したがって実際生物体の反応を正確に再現するために3次元の細胞培養技術の研究が要求されて来た。3次元細胞培養技術を確保して人間の皮膚を形成している角質形成細胞、繊維芽細胞、血管を形成する内皮細胞、骨の形成に係わる造骨細胞、脂肪細胞、軟骨細胞などの3次元の細胞培養に可視的な成果を現わしているハンスバイオメドは、生体に適合した高分子と人体の自家再生能力を利用し、人体内で再生を誘導する人体内組職再生技術と In SituRegenerationを誘導するバイオ製品を開発してオーダーメード医療時代を導く競争力を有するようになった。復旧及び治療する時間が短縮され、組職の再生能力が效率的に極大化されるだろう。
2.無細胞真皮基質(Acellular Dermal Matrix)の加工技術
皮膚は表皮、真皮、皮下脂肪に区分される。体表面に位した表皮は角質層、透明層、果粒層、有棘層、基底層に構成されており、血管がなく、水分調節及び外部の有害物質から防御膜の役割をします。乳頭層と網状層に構成された真皮 (Dermis)は表皮の支持体で弾力、耐久力、感覚、栄養供給などの機能を維持します。真皮基質(DermalMatrix)はコラーゲン(collagen)、エラスチン (elastin)、血管 (blood vessel)、繊維芽細胞(Fibroblast) などに構成されています。ハンスバイオメドは真皮基質を損傷させず、ただ免疫拒否反応が現われないように細胞たちを除去し、移植された真皮基質が患者の皮膚として再生(Regeneration)されるようにする核心技術を保有しています。ハンスバイオメドはこのような核心技術を利用し、人体移植用の皮膚関連製品(商品名:SureDerm,BellaGen)を生産する基盤技術を確保し、安全性を基に最先端手術材料を製品化することに成功した。
3.真皮基質 (Dermal Matrix)のウイルス不活性化(Virus Inactivation) 技術
創傷、火傷などの皮膚欠損部の治療のために自家皮膚移植(autograft)、他人の皮膚移植(allograft)、動物の皮膚移植 (xenograft)などの方法がある。しかし、このような生物学的な移植材の使用はウイルスのような感染性因子による安全性に脆弱だという短所がある。ハンスバイオメドはウイルスによる感染性を最小化して移植材の安全性を保証し、有效性を維持することができるウイルス不活性化(Virus Inactivation)技術を開発した。ハンスバイオメドは上記のような核心技術を基に、厳格な選別過程を経た原材料の免疫拒否反応誘発因子を除去し、ウイルス不活性化を通じる感染性の最小化を通して、安全性と有效性を全部取り揃えた最優秀品質の製品を生産している。
4.組職損傷を最小化するガンマ線滅菌の技術
ハンス組職工学研究所(HITE)では、人体移植用の生体材料をガンマ線照射滅菌する際、皮膚組職加工物の損傷を最小化する方法を研究開発した。加工された皮膚組職の保存溶液にビタミンC、ビタミンC誘導体、またはビタミンC とビタミンC誘導体の混合物を含ませることで、ガンマ線滅菌の際に皮膚組職の損傷を最小化する效果がある。また、滅菌され製造された最終皮膚組職はタンパク質/コラーゲンを含んだ多様な要素の形態及び機能をよく維持しており、構造的な変化及び損傷なしに組職本然の構造を維持することができる。Ascorbic Acid(ビタミン C)はコラーゲン(Collagen)形成の基本物質なので、組職の成長と補修に必要であり、骨折治療にも必須な成分である。歯ぐきを丈夫にし、副腎機能を良くし、鉄分の吸収を良くし、また恒酸化作用を持っていて、人体内の酸化型物質を還元型に戻して酸化を防止し、コレステロール数値を落として動脈硬化を予防し、高血圧を下げることと知られている。 しかし、Ascorbic Acid 自体は、使用には不安定で Ascorbic Acidと glucoseを合成して安定化させた AA2G(Ascorbic Acid 2-Glucoside)を使用することができる。このような技術はガンマ線滅菌の際、ガンマ線による collagen 変性を防ぐのみでなく、基本の構造的成分の役割だけでなく、ビタミンにより collagenの合成を手伝って欠損された組職を復旧及び治療する時間が短縮され、組職の再生能力が效率的に極大化されるのであろう。