Skip to menu

CHOLCE FOR INDIVIDUAL SOLUTION

아름다운 가슴성형

  • 가슴확대
    • 가슴확대술
    • 절개 및 삽입방법
  • 가슴재건
    • 가슴재건술
    • 수술방법
  • 내게맞는 벨라젤 고르기
    • 모양에 따른 분류
    • 표면에 따른 분류
    • 돌출에 따른 분류

Home美しい胸成形胸の拡大切開と挿入の方法

切開と挿入の方法

切開ポイントによる手術法

乳房拡大は大体わきの内側、乳輪の周り、乳房下部、お臍の4ヶ所の一般的な切開部位の中の一ヶ所を使って施行します。

 *各々の部位は長短所があるので、各自に適合した方式に 従い切開法を決めるようになります。

  • 脇の切開
  • 乳輪周りの切開
  • 胸下の切開
  • お臍の切開
脇の切開

わき内側のしわの寄った部位を3Cm程度切開する方法です。わき部分に切開をするので、表示が殆ど現れなく、時間が経つほど手術の痕がわきしわに見えるので、多くの女性が選ぶ切開法です。

わき切開法のポイント
            -胸に手術の痕がない
            -主要血管及び組職損傷が少ない
            -わきの最小切開で傷跡を最小化
            -授乳に差し支えがない
            -乳頭の感覚に差し支えがない
            -正確な薄利で非対称の恐れがない
            -再手術時に補形物の入替が易しい
            -腫れと痛症が少なく、日常生活への復帰が早い

乳輪周りの切開

色の濃い乳輪と皮膚の境界部位に沿って、1.5Cm程度切開する方法です。特に出産経験があったり、乳輪の色が濃く大きい方々は手術痕がほとんど目立ちません。主にわきの露出が多いモデルや腕をたくさん使う仕事をする方々が好む手術法で、袖なしを自由に着られます。しかし、乳頭感覚が戻らないこともあり、乳輪のサイズが小さい時は施行が難しいです。

乳輪周り切開法のポイント
            -乳輪境界を少し切開し、傷跡がほとんど見えない
            -乳輪直径が3.5Cm以上手術可能
            -わきの最小切開により傷跡の最小化
            -授乳に差し支えがない
            -乳頭感覚に差し支えがない
            -正確な薄利により非対称の恐れがない
            -再手術時、補形物の入替が易しい
            -腫れと痛症が少なく、日常生活への復帰が早い

胸下の切開

胸下の重なった部位を3~4Cm程度切開することで、再手術や校正がたくさん必要な手術に多く使われる方法です。横になった時、傷跡が見える恐れがあります。

胸下切開法のポイント
            -手術後の腕の動きに制限がない。
            -手術時に視野確保が広く、接近性が良い。
            -痛症と出血が少なく回復が早い。

お臍の切開

臍の部位を最小限に切開して胸までの通路を確保した後、内視鏡を利用して補形物を入れる方法です。手術後の傷跡があまり見えなく、痛症が少ないという長所があります。しかし、コヘシブゲル(Cohesive Gel)補形物の場合はこの手術法には使用できず、食塩水を入れる補形物にのみ使用可能です。

お臍切開法のポイント
            -傷跡があまり見えない。
            -手術時に視野確保が広く、接近性が良い。
            -痛症と出血が少なく、回復が早い。