Skip to menu

THE GLOBAL LEADER OF BIO ENGINEERING

About Us

  • 회사개요
  • 성장연혁
  • 인증현황
  • 클로벌 네트워크

HomeAbout Us成長沿革

成長沿革

  • 2012 ~ 2009
  • 2008 ~ 2005
  • 2004 ~ 2001
  • 2000 ~ 1993

2000 ~ 1993

2000 ~ 1993
2000 04 ハンス組職工学研究所 (HITE Hans Institite of Tissue Engieering)を設立
                    04 アジア最初、人体移植用の無細胞真皮層の加工及び分離方法の特許出願
                    04 アジア最初、人体移植用の無細胞真皮組職である SureDermTM(Acellular Dermal Matrix)を 開発
                    04 KAIST 技術競争力評価センター主管 「ベンチャー企業の技術性及び事業性の優秀企業」に選定
                    06 ハンスメディカル㈱からハンスバイオメド㈱に商号を変更
                    09 延世大医科大学の人体組職復元研究所と産学協同研究の協約を締結
1999 05 KAISTと「無細胞人工真皮の研究開発」産学協同研究の協約を締結
                    09 ハンスメディカル株式会社の法人設立
1998 ~ 1993 - 火傷治療及脂肪吸入手術専用の圧迫衣類を生産
                    - イギリス BioPharm社の医療用蛭を国内で独占販売
                    - アメリカ Life Celll社の AlloDerm(無細胞真皮造職)を国内で独占販売

2004 ~ 2001

2004 ~ 2001
2004 05 傷跡予防及び管理製品である「スカークリニック」、国内初の発売開始 
                    05 品質経営システム(ISO13485:2000)の認証を獲得
                    06 中小企業庁主管 「技術革新開発事業のサポート業社」に選定
                    10 国内最初、KFDA傘下、人体組職移植材の安全管理機関1号として承認
2003 03 保健福祉部主管 「ベンチャー企業大賞」を受賞
                    06 産業資源部連携、「注射用の液状皮膚復元物質」の開発課題を選定 
                    08 科学技術部主管 「2003年 Brain Pool事業研究課題」に選定
                    10 蒋英実科学文化財団主管 「医療技術大賞」を受賞
                    11 アジア最初、FDA(アメリカ食品医薬品安全局)人体組職移植材に登録
2002 04 技術評価企業でベンチャー企業として指定 
                    06 アジア最大規模の組織工学研究所であるハンス大徳研究所を竣工
                    07 品質経営システム(ISO9001)認証を獲得
                    09 中国の Tianjin First Hospitalと戦略的な提携
                    11 中小企業特委主管 「2002ベンチャー企業大賞」を受賞
                    12 産業資源部主管 「世界一流商品の認証企業」に選定
2001 01 人体移植用の無細胞真皮組職を微細粉末化した Filler用の製品 ShebaTM(Micronized SureDerm Tissue)を開発
                    04 営業の専門性を確保するために全国小社長剤を実施
                    08 ハンスバイオメド㈱の日本支社を設立
                    09 人体移植用の骨に関する試作品の生産、及び臨床実験に着手
                    11 カトリック医大の整形外科教室に敷設した皮膚銀行と産学協同研究の協約を締結

2008 ~ 2005

2008 ~ 2005
2008 07 アジア最初、人工乳房CE登録
                    11 韓国貿易協会の主管 「100万ドルの輸出塔」
2007 05 中小企業庁主管、「2次輸出企業化事業」に選定
                    11 技術革新型の中小企業(Inno-Biz)として指定
2006 05 中小企業庁主管、「1次輸出企業化事業」に選定
                    07 一同製薬と「スカークリニック」国内独占の供給契約を締結 
                    09 アジア最初、DBM(Demineralized Bone Matrix)商品を商用化(製品名 : SureFuseTM-Gel/Putty/ExFuseTM-Gel/Putty)
                    09 オステム∙インプラント(株)と「歯科用の骨移植材」の供給契約を締結
                    11 ベンチャー企業大賞 「国務総理表彰」を受賞
2005 03 韓国科学財団主管、特区研究開発事業「硬組織代替用の有無機開発事業」に選定
                    05 科学技術部主管 「21世紀フロンティア研究開発事業」の研究課題を選定
                    07 FDA(アメリカ食品医薬品安全局)、Nasal Implant/Surgical Wire 登録
                    08 国内最初、KFDAから第1号で 「組職銀行」の設立を許可
                    08 中国特許庁 「移植用の真皮に関する製造方法」特許を獲得
                    09 首都薬品工業㈱とBone製品の総販供給契約を締結

2013 ~ 2009

2013 ~ 2009
2013 02 「西方形の骨粗鬆症治療剤を担持した骨層真材」を特許登録
                     04 「人体骨来由の無機質を含む天然骨再生材」を特許出願
                     07 骨の再生促進組成物をアメリカで特許登録
                     09 「表面に微細突起を有する医療用の縫合糸及び彼の製造方法」アメリカ、中国で特許出願
                     11 歯科専用ホームページ、ハンス∙ジビアル(www.hansGBR)をオープン
                     11 中国 Hongman社と「Facial Silicone Implant」総販契約を締結
                     11 AATB (American Association of Tissue Banks/アメリカ組職銀行連合会)承認
                     11 FDA(アメリカ食品医薬品安全局)から「整形外科用の奪回骨移植材(DBM/製品名:SurFuse, ExFuse)510K承認 
                     11 イスラエルのアルパバイオテック社と「歯科用の骨移植材」OEM契約を締結
                     12 「表面に微細突起を有する医療用縫合糸、及びその製造方法」ロシア特許出願
2011 02 (株)LG生命科学と Lion HT/HN製品の供給契約を締結
                    03 HansBiomed USA, Inc法人を設立
                    06 HIOSSENとアメリカ国内で歯科製品の独占供給契約を締結
                    07 韓米メディケアと整形神経外科 GenesisSponge、Pedi-Stick製品の供給契約を締結
                    08 ナノコリア主管、「sol-gel薬物担持複合骨折の充填材を開発、知識経済部長官賞」を受賞
                    11 大韓商工会議所の主管,「第18回企業革新大賞の金賞(国務総理賞)」を受賞
2010 11 大徳特区研究開発本部の主管、「技術事業化賞」を受賞
                    12 産業資源部主管、人工乳房の次世代世界一流商品に選定
2009 04 大田テクノパーク「優秀技術事業企業」に選定
                    10 業界最初に韓国取引所「コスタック上場」
                    11 韓米メディケアと整形神経外科DBM製品(SureFuse, ExFuse)の供給契約を締結